座り方に気をつけよう! 健康寿命が決まる正しい姿勢

日本人は世界で一番座っている時間が長いという統計が
出ています。

座りすぎによって様々な病気の疾患が増大する事も示唆
されています。

糖尿病。癌。高血圧。肥満・・・など

 

 

 

 

座ることにより骨格が曲がり、その結果 筋肉が疲労を起こし
血流の障害などが起こるためです。

またそれだけではなさそうです。

骨格が曲がることで体を調整する神経の流れも阻害され
その結果、痛みやコリ。さらには体が硬くなる。
そして、自律神経の不調にまで発展します。

 

 

 

長時間パソコンの前で作業をしていると
それだけで、肩や腰が張ってきます。

さらには疲労感や倦怠感が起こる理由は
こうした座る時の姿勢と関係がありそうです。

私も健康企業研修などで呼ばれた際には
正しい座り方でパソコンを作業する。

30〜40分に一回は用事がなくても
椅子から立ち上がる!

疲れた時は立って作業するなど
指導しており

実際に実践した企業さんから
とても喜ばれています。

最近はリモートワークが増えました。

パソコン作業の合間に
ちょっと姿勢ブレイクもしてみましょう

健康企業研修募集中

健康企業研修公式HP→

ツールバーへスキップ