成長痛整体

成長痛とは?

〜成長期には骨が大きく伸びます。 その時に付着している筋肉や靭帯が
骨の成長に追いつけないために、一時的にその部分で摩擦や炎症が起こり
疼痛を感じます。

代表的な症状に、ひざのお皿下が腫れる

オスグットシュラッター病があります。

 

【オスグット症】

10歳〜15歳の成長期の子供が、ジャンプやボールを蹴る競技。走ったりする運動を

し過ぎると、膝のお皿下(脛骨結節)が赤く腫れたり、骨が突出して痛みがでます。

スポーツを休むと症状は快方に向かいます。

しかし無理して続けていると、やがて靭帯が剥がれる場合もあるので、処置が必要です。

 

成長痛に対する整体

 

関節や靭帯。筋肉に負荷がかかっているために痛みが起こります。

それを少しでも軽減するために「スポーツストレッチ」「関節マニピレーション」に時間をかけて、そのストレスを軽減させます。

 

 

 

 

 

 

 

そして関節と筋肉のつなぎ目であります「靭帯」の緊張を緩める

ために器具を使用した「骨共鳴振動数」を与えて 痛みの原因を取り除きます

 

 

 

 

 

さらに日常動作で痛みが出ないように、「テーピング」で患部を固定します

 

 

 

 

 

オスグット症などはスポーツを楽しむ選手になりやすい症状です。
この症状を予防するためには、練習前後の「ストレッチ」を入念に
行うことにより予防ができます。

子供たちが疎かにしている「準備体操」についても
来院時に指導させていただきます。